スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<殺人>焼け跡から女性遺体 首に切られた跡 静岡・三島(毎日新聞)

 10日午前2時35分ごろ、静岡県三島市本町にある居酒屋「加津(かづ)」の換気扇から煙が出ているのを通行人が発見、110番した。火は店内の一部を焼いただけで消し止められたが、入り口近くで店を経営する津田久代さん(61)=同市大場=が遺体で見つかった。首に刃物で切られたような跡があり、県警捜査1課と三島署は殺人などの疑いで捜査している。

 三島署などによると、店内には大量の血痕があり、遺体の着衣の一部が燃えていた。店のシャッターは下りていたが、鍵はかかっていなかった。県警は何者かが津田さんを襲った後、火をつけた可能性があるとみている。

 関係者によると、店は3年ほど前にオープンし、普段は午前0時ごろ閉店していたという。現場はJR三島駅から南に約400メートル離れた飲食店街。【田口雅士、仲田力行】

<熱田まつり>「献灯まきわら」幻想的に…名古屋(毎日新聞)
たちあがれ日本 杉村太蔵氏を公認候補として擁立(毎日新聞)
衆院 菅直人氏を首相に指名(毎日新聞)
<配偶者控除>「維持も」 玄葉公務員制度改革・少子化担当相(毎日新聞)
留萌線で無人駅探訪ツアー=開業100周年でJRが企画―北海道(時事通信)
スポンサーサイト

<鳩山首相>中国の温首相と会談 対北朝鮮で強い姿勢を要請(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日午前、中国の温家宝首相と首相官邸で会談した。鳩山首相は韓国海軍の哨戒艦沈没事件を取り上げ、北朝鮮に強い姿勢で臨むよう中国側に要請、国連安全保障理事会への提起を目指す韓国を支持するよう改めて求める。

 鳩山首相は哨戒艦事件の対応で、国際社会が足並みをそろえて北朝鮮に対処する必要性を強調。安保理での対北朝鮮制裁に慎重な構えを続ける中国に改めて協力を要請するとみられる。

 4月に中国海軍の艦載ヘリコプターが海上自衛隊の護衛艦に近接飛行した事案が発生したことから、両首相は再発防止のための危機管理メカニズムについて意見交換する。

 日中間の懸案である東シナ海ガス田開発問題では、08年6月の日中合意を具体化するための条約締結の交渉に入れない状態が続いており、鳩山首相は温首相に前向きな対応を求める。

 一方、日中両政府は首脳会談に合わせ、中国製冷凍ギョーザ中毒事件を教訓に整備した「日中食品安全推進イニシアチブ」や、省エネ環境分野、電子商取引(Eコマース)に関する合意文書など四つに調印する。

 温首相は同日午後に衆参両院議長と会談するほか、経済人や文化人とも交流する。6月1日には天皇陛下と会見する予定。

 温首相の来日は08年12月に福岡県太宰府市で開かれた日中韓首脳会談以来。日中間での首脳の相互訪問の一環。【西岡省二】

20~30代の喫煙者、8割が「タバコをやめたい」(Business Media 誠)
+Plusがドラマ「新撰組PEACE MAKER」の主題歌リリース
社民、署名拒否を決定 日米共同声明「辺野古」削除要求(産経新聞)
社民、連立残留へ…政権内で「県内反対」主張(読売新聞)
もんじゅ、水位基準上回り警報(産経新聞)

九州訴訟でも救済案示さず=B型肝炎訴訟で国側―福岡地裁(時事通信)

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めているB型肝炎九州訴訟の進行協議が17日、福岡地裁(西井和徒裁判長)であった。原告側によると、国側は12日の札幌地裁で開かれた協議と同様、地裁の和解勧告に応じる意向を表明したが、具体的な救済案は示さなかった。次回協議は7月12日。
 協議終了後に記者会見した九州弁護団の小宮和彦団長は「国は和解協議を隠れみのにして解決を先延ばししている」と批判。7月に開かれる札幌、福岡両地裁の協議での全面解決に向け、「訴訟外の活動に力を入れていく」と表明した。 

【関連ニュース】
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討-B型肝炎訴訟
来週中にも原告と面談=B型肝炎訴訟で厚労相
「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見-B型肝炎訴訟
理解得られる解決策探る=和解協議入りでコメント

米へ密入国?引き返し便の2人、旅券所持せず(読売新聞)
無免許まつ毛エクステ、サロン経営者ら書類送検(読売新聞)
山陽新幹線、停電でストップ=JR西(時事通信)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
<憲法改正>国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席(毎日新聞)

半導体関連企業を強制調査=上場時の売上高水増し容疑-監視委(時事通信)

 東証マザーズ上場の半導体製造装置メーカー「エフオーアイ」(相模原市)が、上場時に売上高を水増ししていた疑いがあるとして、証券取引等監視委員会は12日、金融商品取引法違反(有価証券届出書の虚偽記載)容疑で、関係先への強制調査に乗り出した。
 捜査関係者によると、同社は2009年11月に上場。その前に海外の半導体メーカーから受注したように装うなどして売上高を水増しするなどした財務情報を有価証券届出書に記載し、同年10月に関東財務局へ提出した疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
リンク・ワンに課徴金=金融庁
4銘柄で利益1000万円超=あおぞら銀元行員を告発
未公開株を無登録販売=容疑で会社社長ら4人逮捕-17億円売り上げ・警視庁
あおぞら銀元行員を逮捕=インサイダー取引容疑
あおぞら銀元行員を強制捜査へ=22日にも、インサイダー容疑

市光工業の女性管理職第一号…派遣社員から昇格(レスポンス)
客引き容疑で中国人2人逮捕=苦情受けカメラ設置し特定-警視庁(時事通信)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
みんなの党、東京選挙区にタリーズ設立者、松田公太氏を擁立(産経新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)

<鳥取不審死>田口さん殺害容疑の立件断念 捜査本部解散へ(毎日新聞)

 鳥取県を舞台にした連続不審死で、昨年10月に自宅で変死した鳥取市の無職、田口和美さん(当時58歳)について、県警捜査本部が殺人容疑での立件を断念したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は近く解散する見通し。

 鳥取市の元ホステス、上田美由紀被告(36)の周辺で7人の男性が変死。上田被告はこのうち鳥取市の自営業、円山秀樹さん(当時57歳)と同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん(当時47歳)への強盗殺人罪で起訴された。この2人と田口さんを除く4人については事件の可能性は低いとみられていた。

 田口さんは昨年10月27日早朝、自宅アパートで心肺停止状態で見つかり、間もなく死亡した。前日午後7時半ごろ、上田被告が田口さんに睡眠導入剤7、8錠を2回に分けて飲ませたところが隣人に目撃されていた。捜査関係者によると、田口さんの体内から複数の睡眠導入剤が検出されたが、田口さんは心臓に持病があり、睡眠導入剤服用と死亡との因果関係が解明できなかったという。ヒ素などの毒物と違い誰にでも手に入る睡眠薬を飲ませた事案で、状況証拠だけで殺人容疑を立件するのは難しいと判断したという。

【関連ニュース】
鳥取不審死:上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴
鳥取連続不審死:上田被告、運転手強殺容疑で再逮捕
鳥取・男性連続不審死:矢部さん強殺罪で上田容疑者追起訴
男性連続不審死:転売目的で車詐取 上田容疑者ら逮捕 /鳥取

恒久減税、議員報酬半減条例案を否決=名古屋市議会委員会(時事通信)
殺人 父親殺害?逃走中の息子、バスと衝突死 大阪・枚方(毎日新聞)
「夢あふれる日本」舛添代表で「新党改革」旗揚げ(読売新聞)
東大元副学長ら科研費不正隠す(産経新聞)
<モンドセレクション>バッケンモーツアルトのチーズオムレット、最高金賞(毎日新聞)
main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。