スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袖ケ浦駅

袖ケ浦駅(そでがうらえき)は、千葉県袖ケ浦市奈良輪にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線の駅である。駅構造島式ホーム1面2線を有する地上駅。古い木造駅舎がある。JR東日本千葉支社の子会社であるJR千葉鉄道サービス(2009年4月1日より、それ以前は京葉企画開発)が駅業務を受託している業務委託駅。自動券売機・もしもし券売機Kaeruくん(営業時間 6:00?21:00)・自動改札機・自動精算機設置駅。トイレは水洗式のものが設置されているが、男女共用である。のりば内房線の駅の中で唯一、櫻井音楽工房製の発車メロディが導入されている。利用状況2008年度の乗車人員は1日平均3,953人だった(前年度比100.1%)。駅周辺駅舎の反対側には畑が広がる。袖ケ浦市役所袖ケ浦市立昭和小学校袖ケ浦市立中央図書館袖ケ浦市営総合運動場袖ケ浦郵便局(日本郵便袖ヶ浦支店併設)千葉県立袖ヶ浦高等学校坂戸の森袖ケ浦海浜公園国道16号袖ケ浦市市民会館牛込海岸(潮干狩り)バス路線小湊バス・日東交通・京浜急行バス(高速バスのみ)によって運行されている。1番のりばはアクアライン高速バス専用、2・3番のりばは路線バス専用となっている。かつては1番のりばから川崎駅行が発着していた。歴史1912年(大正元年)8月21日 - 木更津線の楢葉駅(ならはえき)として開業。1919年(大正8年)5月24日 - 路線名称変更により、北条線の駅となる。1929年(昭和4年)4月15日 - 北条線の房総線編入により、房総線の駅となる。1933年(昭和8年)4月1日 - 房総線の分割により、房総西線の駅となる。1972年(昭和47年)7月15日 - 路線名称変更により、内房線の駅となる。1974年(昭和49年)3月31日 - 袖ケ浦駅に改称。1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。2001年(平成13年) 11月18日 - ICカードSuica供用開始。12月1日 - 快速列車の一部が停車する様になる。2004年(平成16年)10月16日 - 快速列車の全列車が停車する様になる。2007年(平成19年) 3月24日 - みどりの窓口の営業を終了。3月25日 - もしもし券売機Kaeruくん稼動開始。隣の駅東日本旅客鉄道■内房線 ■■通勤快速・快速 長浦駅 - 袖ケ浦駅 - 木更津

第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職-新潟(時事通信)
ゆかり氏、さつき氏擁立で自民内紛か…参院選比例(スポーツ報知)
木嶋被告が利用した「睡眠導入剤」 患者の申告頼み、安易な処方も(産経新聞)
<初雪>東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
フィリピン スラムに救援拠点…映画監督の四ノ宮浩さん(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。