スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦別姓で民主紛糾 性急な法案提出に慎重意見も(産経新聞)

 民主党は11日、選択的夫婦別姓を導入するための民法改正案について論議する議員政策研究会を国会内で開いた。同法案に対する賛成意見と反対意見が出て会合は紛糾し、今後も議員政策研究会で議論を続けることになった。

 会合では反対の立場で日大の百地章教授、賛成の立場で早大の棚村政行教授が、それぞれ意見を述べた。百地氏は「夫婦別姓制度の推進者のねらいは家族解体にある」と指摘。棚村氏は「日本における家族法の改正は急務だ」と主張した。

 出席した議員からは「世論調査では夫婦別姓に賛成は3割台で、通称使用を認めるべきとする意見と反対意見で6割台になる」として、性急な法案提出に慎重意見が出た。一方で、賛成派議員らは「法相の諮問機関が、(平成8年に)制度を導入すべきだという結論を出したことを尊重するべきだ」と求めた。

【関連記事】
亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に悪影響」
夫婦別姓法案で千葉法相、党議拘束外しを示唆
廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰
自民・石破氏、選択的夫婦別姓に反対
20年後、日本はありますか?

中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅(産経新聞)
<大雪>青森・八戸で61センチ 宮崎9年ぶり降雪(毎日新聞)
登校問題で両陛下「誰も犠牲にならぬ配慮を」(読売新聞)
異音確認のすきに乗り逃げ また高級車盗 大阪・浪速の路上(産経新聞)
美女との対面終了に首相「もう時間がないの?」(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。